DRIブログ

京角 友恵


Recent Posts

「Specialist」から「Citizen」へ

2019/01/29 18:27:07 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

「データの管理や分析は専門家が行うもの」というイメージを持つ人は多いかと思いますが、データを取り巻く環境の変化や技術の進歩によって、データを扱う人物像に変化が起きています。

今回のブログでは、この変化の背景とデータを扱うこれからの人物像について、EDW(Enterprise Data World)2018で話されていたことをご紹介します。

続きを読む

半構造化データのマクロレベルとミクロレベルの関連と注意点の考察 ~非構造化データの意味を定義する~

2018/11/20 11:47:15 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

前回のブログでは、非構造化データをマクロとミクロの2つグラフ構造で定義することについてお伝えしました。その中で、マクロレベルはデータの種類を表す「クラス」とその関係を表す「プロパティ」、ミクロレベルは特定の1つのものや文字列などのデータ表す「主語」「目的語」とその関係を表す「述語」を要素としていました。またマクロレベルのクラスは階層的に定義できるとお伝えしました。
https://jp.drinet.co.jp/blog/datamanagement/qcfixpdzmf

続きを読む

マクロとミクロ:2つのレベルで半構造化データを定義する

2018/10/16 10:00:00 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

EDW(Enterprise Data World)では半構造化データをどう管理・活用するかが多く語られていました。前回のメルマガでは、構造化データや非構造化データとの比較を通して『半構造化データとは何か?』をテーマにお伝えしましたが、今回は半構造化データの定義についてお伝えします。

続きを読む

半構造化データとは何か?

2018/09/20 10:58:23 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

EDW(Enterprise Data World)では半構造化データをどう管理・活用するかが多く語られていました。それらのトピックも今後触れていきたいと思いますが、本ブログではその前段として『半構造化データとは何か?』をテーマにお伝えします。
『半構造化データ』とはどんなもので、構造化データや非構造化データとは何が違うのでしょうか?

続きを読む

FIBO いよいよ実用局面へ

2018/08/21 10:00:00 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント, NEWS

『FIBO』というものをご存知でしょうか?
FIBO(Financial Industry Business Ontology)とは金融に関する全世界標準の用語集を作ろうとする取り組みです。金融業界を横断したリスクマネジメントを目的としており、米国のEDMC(Enterprise Data Management Council)という非営利組織が主体となって進めています。
用語集には金融に関する用語の定義と各用語間の関係性の定義が含まれ、概念モデルとして表現されます。

※FIBOについての詳細は弊社過去ブログをご覧ください
https://jp.drinet.co.jp/blog/news/oldjzcfj29c1p

続きを読む