DRIブログ

新コンセプトで開発したデータモデリング教育コース

2018/08/31 15:05:10 / by DRIブログ編集部

弊社は1985年の創業以来「ビジネスと情報システムの懸け橋になる」をミッションとして掲げ、データ中心アプローチ(DOA)手法に基づくデータモデリングノウハウ/スキルを持った人材育成に努めて参りました。しかし、その成果は我々にもお客様にも必ずしも満足できるものには至っておりませんでした。
従来の教育コースは、最初にデータモデルの文法と作成手順を学び、作成演習を通じてデータモデリングを体得していただくものでした。多くの受講者から好評いただく一方で、以下のような声も聞かれました。

  • データモデルの描き方を学ぶのに精一杯
  • 詰め込み型なのですぐに忘れてしまう
  • 実務上、どう活用すれば良いかイメージできない

お客様の声に応えるためには、コンセプトから抜本的な見直しが必要と判断し、社員一丸となって、新たな教育コースの作成に取り掛かりました。

受講者の最終ゴールを「データ駆動型経営を支える人材」と定めた上でその礎となるデータモデリングスキルを「プロ」レベルに引き上げることを目標としました。

目標の達成には、従来の詰め込み型教育ではなく「反転学習」が最適と考え事前に宿題に取り組んでいただき、当日はその解答をもって他受講生とのディスカッションを中心にクラスを進める形式を採用しました。

コンテンツの作成にあたっては、外部教育コンサルタントから専門的な指導を仰ぎ、弊社の30年以上にわたる『データマネジメント』のコンサルティング経験から得られたスキルやノウハウを、実績のある教育理論に基づいて体系化しました。

このようにして、2018年4月に弊社の集大成とも言える新たな教育コースが誕生しました。

現在、自信を持って皆様へご提供中です。詳細は以下の特設ページでご確認ください。
https://jp.drinet.co.jp/dms

 

Topics: データモデリング, 人材育成, NEWS

DRIブログ編集部

Written by DRIブログ編集部

DRI編集部です! 皆様にDRIの近況やセミナーのご案内など、ホットなトピックをお届けします。