Whyデータ総研

データ総研の強み

「データマネジメント」と「モデル化」のプロ集団

私たちは創業以来、30余年以上にわたり、データマネジメントとモデル化の専門集団として、お客様がデータを管理・活用し、経営や業務を改善・改革するためのご支援をしています。

3つの特長

01

データのプロ集団として
30年以上の実績

1985年の設立以来、約280社、約1,300件のプロジェクトに参画。様々な分野のリーディングカンパニーのモデリング支援を続けています。

02

世界に先駆けてデータモデリング手法を
開発したパイオニア

データ総研の「データモデリング」手法は、創業者であり工学博士の椿正明が開発。「建物や製造の世界には図面があるのに、なぜ情報システム開発には図面がないのか?」という疑問や課題に応えるために業務やシステムをモデル化する技術を開発し、世の中に広めてきました。

03

15,000人を超える
教育受講実績

データマネジメント、データモデリング、ビジネスナレッジ、システム企画など企業経営に貢献する「人材」を育成する充実の教育コースをご提供。延べ15,000人を超える教育受講者実績があります。

加盟するデータマネジメント・その他関連団体

DAMA日本支部

「Data Management Association International(DAMA-I)」は全世界のデータ専門家のために設立された組織であり、世界各地に80の支部、8,000名を超える会員を擁する国際的な非営利団体です。当社は、DAMA(DAMA-I)が提唱する「Data Management Body Of Knowledge(DMBOK=データ・情報資源管理の標準化のためのデータ管理知識体系)」の第一版を日本語訳し、日本のデータマネジメント黎明期に国際的なデータマネジメントフレームワークの普及に努めてまいりました。

日本データマネジメント・コンソーシアム

データや情報のマネジメントに関する社会的認知を高め、企業や行政機関などがデータマネジメントを実践するための土壌を創ることをミッションに2011年4月に設立された一般社団法人です。データ管理や利活用の仕組みづくりのために必要なガイドラインの提供や提言などを行ない、データマネジメントの実践に向けた様々な取り組みを行っています。

基礎から学び、確実にデータモデリングを習得できる教育プログラム