メタデータ管理の最適解

    Quollio Data Intelligence Cloud によるデータインテリジェンス

    dri_quollio
     
    データ活用遅延による機会損失を回避へ
    データインテリジェンス&データカタログ
    Quollio Data Intelligence Cloud
    quollio_intelligence_cloud_shot

    Quollio Data Intelligence Cloudとは?

    データ総研は、メタデータ管理基盤には「検索性」「信頼性」「統治性」の3つが不可欠であり、「メタデータを1か所に集約して管理できる環境」が理想的であると考えます。

    これらを実現するのが Quollio Data Intelligence Cloud です。

     

    Quollio Data Intelligence Cloud は、組織に散らばるメタデータの管理を一元化、自動化することで、必要なデータの発見、理解、比較検討、取得という一連のプロセスを強固にします。

    全社横断データ利用における解決策

    不必要なものを削ぎ落とし、ITの助けを極力必要とせず、確固たるメソドロジーを提供します。

    DXまたはSX戦略を成功させるために必要なコア要素を提供します。業界で認められた次世代のメタデータカタログSaaSポータルであるQuollio Data Cata-logには、企業全体のデータ資源が、セキュリティを損なうことなく、明瞭で信頼性が担保され、利用しやすい状態へ生まれ変わる(=資産となる)ために必要なすべてのツールが揃っています。

    Quollio Data Intelligence Cloudでは、これらのコンポーネントを使用することで、半永久的なメタデータの自動更新を可能にし、企業のデータエコシステムと相互作用を起こす状態(=アクティブメタデータ)を実現します。手動のみで静的に作成される従来的なメタデータ管理(=パッシブメタデータ)とは異なり、アクティブメタデータでは、さまざまなツール(タグ付け、説明、リネージ、データ品質)やプロセス(ワークフロー、アクセス制御など)と連携することで、データ活用環境を常に進化させます。データガバナンスが新たなレベルに引き上げられると同時に、データの民主化を通じて幅広いビジネス知識への扉が開かれます。

    主な機能:

    • 本の業界で認められた次世代のデータカタログ
    • 直感的で人間工学に基づいたユーザーインターフェイス
    • 日本特有の用語や業務用語集を網羅し、拡張されたビジネスメタデータ管理ツール
    • カスタマイズ可能なタグ、プロパティ、アセット説明文による豊富なセマンティックレイヤーを構築
    • ナレッジグラフとして自動データリネージ抽出、瞬時に網羅的なデータ可視性を実現
    • 幅広いデータ品質統計
    • ガバナンスとベストプラクティススチュワードシップのためのワークフローシステム
    • アセットとポータル機能への高度なアクセスコントロール
    • ポータルの使用状況の統計レポート ダッシュボード

    ビジネス上のメリット:

    • 厳格なガバナンスルールに基づいた企業データ利用の民主化
    • 信頼できる認証済みデータでアナリストやサイエンティストを支援
    • 拡張性のあるテクノロジーソリューション
    • DXおよびSX戦略におけるトータルコストとリソースの削減

    仕様

    プラットホーム:

    Quollio Data Intelligence Cloud は SaaS アプリケーションです。Amazon Web Service(AWS)のサーバーで動作します。

    対応データソース:

    データウェアハウス:Snowflake、Amazon Redshift、Amazon Athena、Google BigQuery、Azure Synapse Analytics、Databricks、Treasure Data、Oracle、Apache Impala、PostgreSQL、SQL Server、MySQLなど。

    BIおよび分析ツール:

    Tableau、PowerBI など。

    ETL/ELTツール:

    最新ツールとの継続的な接続の拡張。

    ファイルサポート:

    CSV (インポート/エクスポート)

     

    Quollio Data Intelligence Cloud Demo動画

     

    導入企業様

    quollio_kddi_logo

    Quollioにより事業間のメタデータのサイロ化や属人化が解消され
    横断データ活用が加速

    「豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献する」ことを企業理念として掲げるKDDI株式会社。同社は、顧客との接点を磨き、ビジネスを拡大していくことを目指し、グループ全体でデータの利活用の最適解を求めていく取り組みを推進しています。取り組みの1つとして、企業のメタデータ管理をトータルにサポートするクラウドサービス「Quollio Data Intelligence Cloud」を採用。データ利活用の促進とデータガバナンスの確立によるデータドリブン経営の実現を目指しています。

    お問合せ

    データカタログ・データインテリジェンスをご検討中の方、業界別導入事例、詳細の実装例のご紹介をご希望の方は以下よりお気軽にお問い合わせください。

    関連セミナー

    データプレップサービス 仕様・価格

    サービス 詳細 初期費用 月額費用
    プランS 1アカウント 100万レコード/上限

     


    ¥100,000

    ¥160,000
    プランM 3アカウント 1,000万レコード/上限 ¥400,000
    プランL 5アカウント 5,000万レコード/上限 ¥1,150,000

    注意事項

    ※1.レコード上限はテナント内で作成するひとつのプロジェクト(データ加工ルール)の上限となります。

    ※2.テナント内で作成できるプロジェクトの数に上限はありません。

    ※3.SaaSではなく、独自環境にて構築したいお客様にも対応可能です。ご希望の場合は営業担当にご相談ください。

    ※4.価格はすべて税抜きとなっております。ご請求時に消費税相当額を申し受けます。

    ※5.自社ツールへの組込や代理店契約をご希望の事業者様もお気軽にお問い合わせください。

    ※6.その他、ご質問、ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

    関連セミナー