DRIブログ

半構造化データのマクロレベルとミクロレベルの関連と注意点の考察 ~非構造化データの意味を定義する~

2018/11/20 11:47:15 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

前回のブログでは、非構造化データをマクロとミクロの2つグラフ構造で定義することについてお伝えしました。その中で、マクロレベルはデータの種類を表す「クラス」とその関係を表す「プロパティ」、ミクロレベルは特定の1つのものや文字列などのデータ表す「主語」「目的語」とその関係を表す「述語」を要素としていました。またマクロレベルのクラスは階層的に定義できるとお伝えしました。
https://jp.drinet.co.jp/blog/datamanagement/qcfixpdzmf

続きを読む

マクロとミクロ:2つのレベルで半構造化データを定義する

2018/10/16 10:00:00 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

EDW(Enterprise Data World)では半構造化データをどう管理・活用するかが多く語られていました。前回のメルマガでは、構造化データや非構造化データとの比較を通して『半構造化データとは何か?』をテーマにお伝えしましたが、今回は半構造化データの定義についてお伝えします。

続きを読む

半構造化データとは何か?

2018/09/20 10:58:23 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

EDW(Enterprise Data World)では半構造化データをどう管理・活用するかが多く語られていました。それらのトピックも今後触れていきたいと思いますが、本ブログではその前段として『半構造化データとは何か?』をテーマにお伝えします。
『半構造化データ』とはどんなもので、構造化データや非構造化データとは何が違うのでしょうか?

続きを読む

FIBO いよいよ実用局面へ

2018/08/21 10:00:00 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント, NEWS

『FIBO』というものをご存知でしょうか?
FIBO(Financial Industry Business Ontology)とは金融に関する全世界標準の用語集を作ろうとする取り組みです。金融業界を横断したリスクマネジメントを目的としており、米国のEDMC(Enterprise Data Management Council)という非営利組織が主体となって進めています。
用語集には金融に関する用語の定義と各用語間の関係性の定義が含まれ、概念モデルとして表現されます。

※FIBOについての詳細は弊社過去ブログをご覧ください
https://jp.drinet.co.jp/blog/news/oldjzcfj29c1p

続きを読む

トレンドは「非構造化データ」の活用!?

2018/07/24 10:00:00 / by DRIコンサルタント posted in データマネジメント, NEWS

今年の4月22日から4月27日にかけて、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴでデータマネジメントの国際カンファレンス"Enterprise Data World"(以下EDW)が開催されました。世界中から1000人超のデータマネジメント専門家が集まり、日本からも5社11人と少人数ではありますが、現地でお会いすることができました。

続きを読む

データマネジメントの実践に欠かせないコアスキル

2018/06/25 12:16:59 / by 大谷 洋一郎 posted in データモデリング, データマネジメント

現在は企業がデータマネジメントに取り組むことが一般的になってきました。自社の競争優位性の獲得に向けてデータ活用を推進するためには、企業の内外に存在する大量のデータを適切に管理しなければならないことに多くの企業が気付いたからです。あくまで筆者の印象ですが「データマネジメントとは?」という企業は減ってきています。一方で「データマネジメント活動を始めてみたが上手くいっていない」企業は少なくないというのが現在の状況だと感じています。

続きを読む

データモデリングの逆襲

2017/06/30 10:00:00 / by DRIコンサルタント posted in データマネジメント, NEWS

前回に引き続き、4月に参加した国際カンファレンス”Enterprise Data World”(以下EDW)についてご報告します。

続きを読む

Enterprise Data Worldでのモデル配置ルールを発表

2017/05/31 10:00:00 / by DRIコンサルタント posted in データマネジメント, NEWS

4月の第一週に、アメリカのアトランタ市でデータマネジメントの国際カンファレンス”Enterprise Data World”が開催されました。データ総研からは筆者を含め2名のコンサルタントが参加し、セッション発表を行いました。

続きを読む

金融業界共通語彙がフィンテックをつなぐ

2016/07/28 10:00:00 / by DRIコンサルタント posted in データマネジメント, NEWS

前回もお伝えしたとおり、5月中旬に、弊社はロンドンの国際データマネジメントカンファレンス(IRM UK※)に参加しました。会食の場でロンドンっ子と雑談していたとき、EU離脱の国民投票の話題がでましたが、その場の全員が「離脱はありえない」と言っていました。それがまさかの離脱決定。離脱決定直後には、金融業の都たるロンドンはどうなるのかという不安のツイートが、飛び交っていました。今回は、そんなロンドンの未来にも影響するかもしれない、金融のお話です。

続きを読む

制裁金24億円も!?個人情報活用時代のデータ保護規則強化

2016/06/28 10:00:00 / by DRIコンサルタント posted in データマネジメント, NEWS

データ総研ではデータマネジメントに関する最新動向を調査するために、毎年、国際的なカンファレンスに参加しております。
今年は、5月にロンドンで開催された「IRM UK」という情報資源管理のプロフェッショナル育成を目的にしている団体が主催するカンファレンス(※)に参加してきましたので、その中から気になったトピックをご紹介します。

続きを読む