教育プログラム

データモデリングアドバンストコース【ヒアリング編】

モデリング精度を高める「カギ」はヒアリングにあり

お申し込みはこちら

thu_ad_2

本来データモデリングとは、ヒアリングパートナーから「業務に関するデータ要件」を引き出すための「手法」であり、成果物である「データモデル図」は、そのヒアリング結果が反映されたものでしかありません。
本コースでは、「データモデリングによるヒアリングポイント」を定型的に学んでいただくとともに、チーム演習を通じて「モデリング精度」を高める方法を学んでいただきます。

このような方にオススメ

  • ヒアリングパートナーからの暗黙知を引き出せず、要件漏れが発生している

  • データモデリングを活用したヒアリング方法を学びたい

受講者の声

データモデリングとは、単に「データモデル図」という成果物を作成するための作業としか思っていなかったが、こんな使い方があったと学べたことは、目からウロコであった。

受講者A様

これまでは何となくヒアリングをしてデータモデル図を作成してきたが、何を聞き、どうデータモデルに反映すべきかを体系的に学べた。実務でもすぐに使える内容だったので、非常に役に立った。

受講者B様

コース概要

学習内容【コース形式:事前課題+講義+グループ演習】

ヒアリングの心構え
  • ディスカッション
  • 講師解説
ヒアリングポイント
  • ワークショップ1(事前課題)
    • 画面サンプルをもとにしたヒアリング内容の準備1
    • 画面サンプルを使ったヒアリングの実践1
  • ヒアリングポイントの解説&QA
データモデル図への反映
  • ワークショップ2(事前課題&当日課題)
    • ヒアリング結果を踏まえたデータモデル図の修正
    • 修正内容の発表
  • 講師解説
    • ワークショップ2の解説
    • ヒアリングポイントとデータモデル図の関係
総合演習(当日課題)
  • 画面サンプルをもとにしたヒアリング内容の準備2
  • 画面サンプルを使ったヒアリングの実践2
  • ヒアリング結果を踏まえたデータモデル図の修正2

学習効果

  • ヒアリングに際しての心構えを理解する
  • 現状業務を正しく/精緻に把握するためのヒアリングポイントを理解する
  • ヒアリング結果を踏まえて「データモデル図」をどのように修正すればよいかを理解する

対象者

  • 現状業務をもっと正しく/精緻に把握したいが、うまく把握できないと悩まれている方
  • ヒアリングした内容を、正しくデータモデル図に反映できないと悩まれている方
  • 「データモデリングのプロ」として成長されたい方

 

開催スケジュール・お申し込み

参加費用:50,000円(1名/税別)

アドバンスト
コース
ヒアリング編[1日]

2020年2月27日(木)13:00〜17:00

データモデリングプログラム コース一覧