ショートウェビナー

    データ総研のデータマネジメントweb談義

    概要

    対談形式でデータマネジメントを語る

    弊社コンサルタントが特定のテーマについてショートウェビナー形式のオンライン談義をいたします。

    データマネジメントがなぜ必要か、データマネジメントに必要な組織や人物像はどのようなものかといった、企業でデータマネジメントを考えていく上での基礎となるテーマをはじめ、海外のデータマネジメントの動向に触れたり、実際にマスタデータを統合する際にはどのような手順で行うべきかなどといったデータマネジメントを行う上で実践的な内容までを、時には外部のゲストをお呼びして解説、議論いたします。データ総研の経験豊富なコンサルタントならではの視点・観点も織り交ぜ、他では聞くことのできない一歩踏み込んだお話もさせていただきます。

    これからデータマネジメントをしようとお考えの方から、データマネジメントを実践していて課題を抱えている方にもご覧いただきたいコンテンツとなっております。

    データマネジメントweb談義は隔週をベースに不定期での開催となっております。ご登録いただきますと開催前にご案内のメールをお送りさせていただきます。皆様のご登録、ご参加をお待ちしております。

    開催予定

    次回開催日は未定です。

    【タイトル】未定

    内容

    未定

    バックナンバー

    データマネジメントweb談義の過去の内容は現在YouTubeのデータ総研チャンネルにて公開しております。ぜひご覧ください。

    第17回

    2021年5月21日(金)

    オトナの人材育成シリーズ③(全3回)-上司の心得-

     

    【内容】

    理論編、場づくり編に続いて、今回は「上司の心得」になります。
    前回までの話では、学習効果は研修10%、職場90%で、職場での学びがいかに大事かお伝えしてきました。
    今回は、上司がやるべきこと、成長を可視化する仕掛け、モチベーション維持といった内容について談義します。

    お薦めの対象者は、データマネジメント部門や情報システム部門のリーダークラス、人材育成リーダーです。

    いつものように質問をチャットに書き込んでいただき、インタラクティブな勉強会をさせていただきますので、皆さまのご参加をお待ちしております。

    第16回

    2021年5月14日(金)

    オトナの人材育成シリーズ②(全3回)-場づくり-

     

    【内容】

    前回の理論編では、社会人教育に必要な学習のメカニズム、教育哲学・教育心理学、学習科学、職場で育てる組織づくりの話をさせていただきました。
    ウェビナーの中で、多くの質問をいただき、人材育成に対する関心の高さが伺えました。
    第2回目では、職場で育てる組織づくりにフォーカスし、場をどのように作っていくのかディスカッションしていきます。
    リモートワークが当たり前になり、データマネジメント組織づくりも例外ではないようです。このような状況下で、人が育つ場のメカニズムと簡単な事例を交えながら、みなさんとこのテーマについて深めていきたいと思います。

    第15回

    2021年4月16日(金)

    大人の人材育成シリーズ①(全3回)-理論-

    【内容】

    新年度がスタートし、新入社員の育成や配置転換によるベテラン社員の育成に取り組まれていると思います。そこで、弊社教育事業マネージャの伊藤が教育工学の視点から、企業内の人材育成をどのように取り組むべきかについてお伝えします。 第1回目は成人学習理論に基づいて、部下の育成について振り返りながら、企業内の人材育成の考え方をディスカッションします。ディスカッション内では、データマネジメント部門や情報システム部門の育成について言及しながら、皆さまがイメージしや すくなるように話を進めていきます。人材育成担当者、上司、先輩社員、人事部門の方にお薦めします。

    第14回

    2021年3月26日(金)

    「VeriSMプロフェッショナルが教える、デジタル時代のサービス」


    【内容】

    サービスマネジメントの分野で20年の実績を残してきたビーエスピーソリューションズ八木田様をお招きし、DXに取り組む中での見えてきた実体験に基づくサービスマネジメントの取り組みについて、お話を伺いながら対談いたします。 八木田様は、デジタル時代のサービスマネジメントアプローチであるVeriSMのプロフェッショナル資格を日本で最初に取得し、近年では全社横断のデジタルトランスフォーメーション、CX改善を目的としたシステム刷新、防災ICTやIoTサービスにおける商品化プロジェクトにて、ご活躍されています。 これからDXを推進される方やDX推進の課題にぶつかっている方は、ヒントが得られると思いますので、是非、この機会にご視聴ください。

    第13回

    2021年3月5日(金)

    「MDM導入のための転ばぬ先の杖_シリーズ(全3回)第3回目:組織を統合せよ」


    【内容】

    取引先・商品に続いて、第3弾の組織マスタの統合方法について、ディスカッションします。 ディスカッション内容は、外部環境の変化や顧客ニーズに対応するために柔軟な組織変更に耐えられるデータ構造について考えていきます。 組織の種類や組織と物理的な場所との違いについても触れて、どのようなデータ構造を目指すか見ていきます。

    社内組織の統合マスタを企画・設計する方にお薦めします。

    第12回

    2021年2月19日(金)

    「MDM導入のための転ばぬ先の杖_シリーズ(全3回)第2回目:商品を統合せよ」


    【内容】

    前回の取引先に続いて、第2弾の商品マスタの統合方法について、ディスカッションします。ディスカッション内容は、商品マスタの事例を用いながら、統一品目コードの管理範囲、商品マスタの構成や履歴などをデータモデルでどのように表すのか考察していきます。

    統合マスタをこれから企画する方、今まさに設計している方にお薦めします。

    第11回

    2021年2月5日(金)

    「MDM導入のための転ばぬ先の杖_シリーズ(全3回)第1回目:取引先を統合せよ」

     

    【内容】

    今回から3回に分けて、取引先データ、商品データ、社員データの統合方法について
    ディスカッションを行います。第1回目は取引先データの統合について、取引先の管理範囲や
    取引先間の関係をどう表すか、簡単な絵を用いながらデータモデルで示し、なぜこのような
    データモデルにするのが良いのか考察していきます。

    第10回

    2021年1月15日(金)

    「事例で学ぶ非構造化データ(ビッグデータ)の活用推進について考える」

     

    【内容】

    センサーデータ、設備データ、ログデータなどのビッグデータを活用するにあたって、「データアーキテクチャをどう考えるのか?」、「何を目的にデータ活用するのか」、「ビッグデータの活用方法における見える化の意義は何か」について考えていきます。