ガバナンスソリューションセミナ

適切なデータマネジメント実践のために

2018年9月に経済産業省より「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」が発行されました。

そこには企業がグローバルで競争力を持って戦っていくためには、DX(デジタル・トランス・フォーメーション)が必要だが、今の日本では既存システムによる技術的負債などから新たなビジネス・モデルの構築に踏み込めないことで、2025年以降、最大12兆円/年(現在の約3倍)の経済損失が発生するという、衝撃的な内容が記載されていました。

この「2025年の崖」を飛び越えるために、社会全体でDXが推進されています。現在は、顧客管理を目的としたCRMツールや豊かなビューを提供するBIツールが、クラウドベースで提供され、容易に導入できる状況にあります。これを機に、新たなビジネス・モデルを構築する企業も出てきています。

しかし一方で、簡単に導入できるようになった反面、企業には多様かつ大量なデータがあふれかえるようになってきました。データはモノやコトをデジタル化することで作られますが、その特性は簡単にコピーでき、どこにでも送付できるということで一見容易/安価に扱えそうですが、実態は無形物であるが故に掴みどころがなく、すぐに品質が劣化し、常にセキュリティリスクに晒されています。

データが正しく利活用されるためには、適切な方法でガバナンスされなければいけません。しかし、これまでデータは業務部門とIT部門の間にまたがる形で置かれ、誰がガバナンスするのかさえ曖昧になってきたケースが多く、「一体どこから手をつけたら良いのかわからない」という方も多いと思います。

本セミナーでは、データ活用におけるデータマネジメント・アセスメント事例をベースに、データ活用をしていく上で何をガバナンスしなければいけないかをお話すると共に、実際にどのようにガバナンスするのかをツールと共にご紹介いたします。

セミナー概要

本セミナーでは、データガバナンスをテーマに
  1. データ活用におけるデータマネジメント・アセスメント事例に見るガバナンスの要点
  2. データガバナンス・ソリューション
    (1)データの意味定義共有ソリューション
    (2)データ・リネージ(データの親元自動探索)ソリューション
    (3)データ品質モニタリングソリューション
をご紹介します。

 

受講をお勧めする方

  • DX推進やデータガバナンスをミッションとしている方
  • DXにおけるデータ活用基盤を整備しようとしている方
  • 現状のデータ活用基盤のデータ品質に問題を感じている方
  • データカタログをつくりたい方

 

開催日

2020年2月7日(金)

2020年5月29日(金)

2020年8月28日(金)

時間 15:00~17:00(14:30受付開始)
主催 株式会社データ総研
共催 ジー・ティー・ワン株式会社
費用 無料
会場

データ総研セミナールーム
東京都中央区日本橋人形町3-3-6 ユニゾ人形町ファーストビル5F)

 

お申込みフォーム