データ資産価値向上ソリューション

真のデータ駆動型経営を実現するために

背景

データは「業務の副産物」から「第四の経営資源」へ

ビッグデータやIoT、AIなどITの進展に伴い、「データ」を効果的に活かせるかどうかがサービスの良し悪しを左右する大きな要因の一つとなっています。これまで業務の副産物として扱われてきたデータですが、これからはヒト・モノ・カネに続く重要な経営資源として、守りと攻めの両面から投資を行い、適切に取り扱えるようにしていくことが求められてきています。

資源を「マネジメント」すること=資源の「価値を高め続ける」こと

企業の資源・リソースはそれぞれの性質や特徴に合ったマネジメントが必要です。例えば人財であれば、入社した後はほったらかし、という訳にはいきません。人材育成という言葉が定着しているように、入社してから退社するまでの間、継続的に人財価値を高めるための「マネジメント」が欠かせません(図1)

図1:人財のマネジメント
図1:人財のマネジメント

一方、データはどうでしょうか。既に重要な経営資源の一つとして認識されているはずのデータですが、データという資源の性質からツール導入が先行し運用面が追い付いていなかったり、属人的で組織的にリスクヘッジできていない体制だったり、業務や経営への貢献という点でも、「マネジメント」というには程遠い状態であることが実態です(図2)

図2:データのマネジメント?
図2:データのマネジメント?

データマネジメントを導入しデータの資産価値を高める

データは各サービス横断で利用される共有資源です。
共有資源であるデータを適切にマネジメントし継続的に資産価値を高めていくためには、ツールを導入するだけでは片手落ちで、規約やルール・人財・役割・体制・運用方法などを組織横断的に整備・構築しなければいけません。

データマネジメントの理想像

データ総研のデータ資産価値向上ソリューション

データ総研では、お客様のデータ資産価値を向上させるために、以下のサービスを提供しています(各サービスの具体的な内容は、関連ページを参照ください)。
例えば、データマネジメントに取り組むのはこれからで、先ず「自社のデータ資産価値を算定した上で投資を判断したい」という場合は、「データ資産価値算定サービス」から始めていただき、また、「自社におけるデータマネジメントに関する取り組みを評価してから改善方針を決めたい」という場合は、「データマネジメント・アセスメントサービス」をご利用いただくと良いでしょう。
既に課題が明確な場合は、課題に応じた個々のサービスをご検討いただければ幸いです。

データ資産価値向上ソリューション

コンサルティングサービスメニュー

  • データマネジメント・アセスメント
    データ活用の視点から、企業に必要なデータ資産が正しく管理されているかを診断/評価致します。また、あるべき将来像の実現に向けた課題を特定し、必要な方策をご提示します。
  • 組織/役割 プロセス設計支援
    データ資産価値を向上させるための一連の組織/役割、プロセス、ルールを定義した「データ活用ガイドライン」の作成を支援します。
  • データカタログ設計支援
    データ活用に必要となるデータカタログをビジネス目線で設計し、データ活用を円滑に進めるために必要なゴールデンなデータセットの作成を支援致します。
  • エンタープライズ・データモデル設計支援
    社内にどのようなデータが存在し、それらがどのようなデータ構造になっているのか、全社を鳥瞰した「データの地図」の設計を支援致します。
  • データ品質改善支援
    現状のデータ品質の課題を洗い出し、データ品質を適切な状態に維持するための仕組みの設計・構築を支援致します。また運用に寄り添い、データ品質の改善を支援致します。
  • データマネジメント教育
    データ活用に関わる関係者の方々に、データマネジメントに関する基礎知識を理解して頂くためのWEBカレッジをご提供しています。

関連情報

関連セミナー