DRIブログ

MDMって、なんですか?

MDM(マスターデータ管理) データマネジメント
Top view of businessman looking at question mark on floor

最近あちこちで聞かれるようになった言葉にMDMこと”Master Data Management”があります。
日本語では「マスターデータ管理」、「マスターデータ整備」、はたまた英語そのままに「マスターデータマネジメント」と呼ばれ、システム関連のトレンドのひとつになりつつあります。ですがこの言葉はそもそも何を意味して、どんな経緯で生まれてきたのでしょうか?

90年代に起きたメインフレームからクライアントサーバへの移行は、安価にシステムを構築する機会を企業に与えましたが、中央で統一管理されていたシステムを切り崩し、いわば孤島化されたシステムごとに分断されたマスターをつくるという弊害を引き起こしました。販売や生産といったシステム毎にマスターデータの基準が異なり、それらを連携する必要がでてくると職人的なスキルが必要とされ、管理コストが上昇したのです。

この状況を解消するため、各ベンダーはCRMやERPのパッケージを開発・販売しましたが、企業によってはパッケージのカスタマイズでも対応できない部分が残り、サイロ化したマスターとなってシステムの統合を阻害しました。
アメリカでは2003年頃から、水平横断的に統合された顧客データ管理のための新しいシステムの必要性が叫ばれはじめます。このニーズに応えようと多くのベンダーが、顧客データの統合を目指すソリューションを開発しはじめました。やがてこの流れは顧客マスターをこえて製品・商品・組織などのマスターにまで広がり、分割されたシステムを越えて社内マスターを一元管理するというMDMの発想が生まれることになったのです。
日本においてもMDMは、2007年頃からマスター統合のソリューションとして認知されはじめ、ここ最近MDMを冠した製品やセミナが増えてきています。

1985年の創業以来、当社はマスター統合の重要性を主張し続け、700を越える案件に携わってまいりました。MDMはこうした当社の姿勢と一致し、これまで培ってきた経験とノウハウを生かすことのできる分野です。
そこで当社はMDMを「企業・グループ企業といった広い範囲で、共用性の高いマスターデータを一元的に管理し、マスターデータに関する統制されたシングルビューを提供すること」と位置づけ、お客様の問題解決に取り組んでおります。

■データ総研のMDM(マスターデータ管理)ソリューション
http://jp.drinet.co.jp/mdm


また無料で紹介セミナもやっております。お気軽にご参加ください。
■マスター統合/コード統一/MDMセミナー
http://www.drinet.co.jp/seminar/solution/so02.html

CTAタイトル

thu

CTAの説明入るCTAの説明入るCTAの説明入るCTAの説明入るCTAの説明入るCTAの説明入るCTAの説明入るCTAの説明入る