DRIブログ

擬似統合と抜本統合

2009/02/24 10:00:00 / by DRIコンサルタント

今回はMDMの大きな特徴である「擬似統合と抜本統合」についてです。

MDMの中核は「マスタ統合」ですが、そのテーマ自体は決して新しいものではありません。当社も昔から多くのプロジェクトに関わってきました。
ここ最近、EAIツールの技術をマスタに対して応用した「MDMツール」が登場し、「MDM」という言葉で注目を集めていますが、従来のマスタ統合と何が違うのでしょうか?

この問いに対する一つの答えが、「擬似統合と抜本統合」です。

統合マスタ側で統制したマスタを全てのシステムが利用するのが抜本統合です。個別のシステムが独自に管理している状態よりも、統合マスタによって統制された冗長や不要な変換を排した状態がコストも抑えられる理想的な状態でしょう。
しかし、長い目で見れば統合するのが理想だとわかっていても、個々の業務に合わせて動いている個別システムを横断的に統合するのは難しいのが現実です。そこで擬似統合という考え方を採用することになります。

擬似統合とは、統合マスタを使用するシステムと従来の個別マスタを使用するシステムを、ツールを介して擬似的につなぎ、システム再構築のタイミングに合わせて統合マスタの使用範囲を拡大する方法です。擬似統合によって段階ごとの対象範囲をコンパクトにすることが可能になるため、抜本統合への一歩目を踏み出しやすくなるというわけです。

 

無料セミナで詳しく解説しております。奮ってご参加ください。
■マスター統合/コード統一/MDMセミナー
http://www.drinet.co.jp/seminar/solution/so02.html

セミナが待てない!という方はお気軽にお問い合わせください。
crm@drinet.co.jp

Topics: MDM(マスターデータ管理), データマネジメント