DRIブログ

ポリグロット・パーシステンスとマルチモデルデータベース

2019/08/28 0:00:00 / by 仲程 隆顕 posted in データマネジメント

はじめに

EDW2019にて、某大手投資銀行がサービス(機能)ごとにアプリケーションを作り、それを組み合わせてシステムを作成するマイクロサービスアーキテクチャ実現のための取り組みについて事例を発表していました。その際、日本ではあまり聞いたことがないワードが使われていました。それは、ポリグロット・パーシステンス(polyglot persistence)とマルチモデルデータベース(Multi Model Database)です。これら2つのワードは優れたマイクロサービス型システムを構築する上で重要なコンセプトです。マイクロサービスが今後のスタンダードになることを想定し、これら2つのワードが日本でもっと認知され、皆様がシステム構造を検討する際の参考となるようにご紹介します。

続きを読む

厳しさは国内法の100倍? これからのGDPR対策について(2/2)

2019/07/31 0:00:00 / by 仲程 隆顕 posted in データマネジメント

はじめに

前回はGDPRが適用になる場合とGDPR最新動向についてご紹介いたしました。 

前回の記事を読む

今回はGDPR特有の権利とその対策についてご紹介いたします。

GDPRではデータ主体に認められている権利が全部で8つあります。その中には日本の個人情報保護法でも認められているものと認められていないGDPR特有のものがあります。今回はGDPR特有の権利の中から「忘れられる権利」、「データポータビリティの権利」、「異議を述べる権利」の3つについてご紹介します。GDPR特有の権利についてご理解いただき、今後のお取り組みの参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

厳しさは国内法の100倍? これからのGDPR対策について

2019/06/27 0:00:00 / by 仲程 隆顕 posted in データマネジメント

今年の3月にアメリカのボストンで開催されたEDW2019では、GDPRについてのセッションが多数開催されていました。GDPRが施行されて早1年が経ちましたが、セッションの参加者も多く、これからGDPRに対応する米企業が多いことに驚きました。

続きを読む

データカタログ、いま米国で注目される3つの理由

2019/05/27 0:00:00 / by 仲程 隆顕 posted in データマネジメント

3月にボストンで開催されたEDW(Enterprise Data World)に参加してきました。

 

今回最も注目を集めていたのは、メタデータマネジメントやデータカタログに関する講演でした。2018年ガートナー社のメタデータ管理ソリューション(データカタログ含む)のマジッククアドラントでリーダーに位置付けられた9社のうち、その中でも特に優秀な3社がEDWにブースを出展していました。

さらに、彼らのブースや講演には、ユーザ企業の担当者が殺到し、熱心に質問していました。

続きを読む

EDW2019参加報告 ~世界のデータマネジメント最前線~

2019/04/22 11:51:53 / by 矢作 直久 posted in データマネジメント, NEWS

世界中のデータマネジメント・プロフェッショナルの育成に向けて様々な教育コンテンツを提供している「DATAVERSITY」と、同じく、世界中のデータマネジメント活動の推進・実践に向けて様々な取り組みを行っている「DAMA International」が年1回共催する、世界中のデータ研究者、専門家、ビジネスパーソンのための大型カンファレンス「Enterprise Data World」。

第23回目を迎えた今回は、アメリカのボストンで1週間に亘り開催されました。

続きを読む

「Specialist」から「Citizen」へ

2019/01/29 18:27:07 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

「データの管理や分析は専門家が行うもの」というイメージを持つ人は多いかと思いますが、データを取り巻く環境の変化や技術の進歩によって、データを扱う人物像に変化が起きています。

続きを読む

温故知新 DOAによる業務要件定義

2018/12/24 22:30:24 / by 大谷 洋一郎 posted in データマネジメント

1~2年前「システム内製化に舵を切る企業が増える」という予測をよく耳にしました。2018年末の現在、本当にそうなったのかはよくわかりませんが、IPAの「IT人材白書2018」によれば、社内にITのスキルを蓄積・強化するためにIT業務の内製化を進めている企業は(アンケート回答企業の)全体で5割弱とのことです。工程でいえば、企画・設計など上流の内製化を進めており、大規模の企業ほどその傾向が強いことが見て取れます。

続きを読む

半構造化データのマクロレベルとミクロレベルの関連と注意点の考察 ~非構造化データの意味を定義する~

2018/11/20 11:47:15 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

前回のブログでは、非構造化データをマクロとミクロの2つグラフ構造で定義することについてお伝えしました。その中で、マクロレベルはデータの種類を表す「クラス」とその関係を表す「プロパティ」、ミクロレベルは特定の1つのものや文字列などのデータ表す「主語」「目的語」とその関係を表す「述語」を要素としていました。またマクロレベルのクラスは階層的に定義できるとお伝えしました。
https://jp.drinet.co.jp/blog/datamanagement/qcfixpdzmf

続きを読む

マクロとミクロ:2つのレベルで半構造化データを定義する

2018/10/16 10:00:00 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

EDW(Enterprise Data World)では半構造化データをどう管理・活用するかが多く語られていました。前回のメルマガでは、構造化データや非構造化データとの比較を通して『半構造化データとは何か?』をテーマにお伝えしましたが、今回は半構造化データの定義についてお伝えします。

続きを読む

半構造化データとは何か?

2018/09/20 10:58:23 / by 京角 友恵 posted in データマネジメント

EDW(Enterprise Data World)では半構造化データをどう管理・活用するかが多く語られていました。それらのトピックも今後触れていきたいと思いますが、本ブログではその前段として『半構造化データとは何か?』をテーマにお伝えします。
『半構造化データ』とはどんなもので、構造化データや非構造化データとは何が違うのでしょうか?

続きを読む